藤野先生の解剖学のノオト

 その月光の夜から四、五日経って、何でも仙台に初雪が降った日だったと覚えている。私は学校の帰りに周さんを私の下宿に引っぱって来て、こたつにあたり、まんじゅうを食べながらいろいろ話をして、そのうちに周さんは、妙な笑いを顔に浮べて、周さんの鞄《かばん》からノオトを一冊取り出して私のほうにのべて寄こした。...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 06:46 pm  

月が出ていた

 月が出ていた。それは、間違いなく記憶している。風景のイムポテンツ同士も、月影にだけは無関心でなかったようである。「僕は、子供の時分から芝居が好きで、」と周さんは静かに語った。「いまでもはっきり覚えていますが、毎年、夏になると母の故郷に遊びに出掛け、その母の実家から船で一里ばかり行ったところに村芝...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 06:44 pm  

日本の芝居

「日本の芝居はどうです。面白いですか。」「僕には、日本の風景よりも、芝居のほうが、ずっとわかりいい。実は、先日の松島の美も、僕にはあまりわからなかったのです。僕はどうも風景に対しては、あなたと同様に、」と言いかけて口ごもった。「イムポテンツですか?」と私は無遠慮に言い放った。「ええ、まあ、そう...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 06:43 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0117 sec.

http://churchofmondaynightfootball.com/