電車の線路

「東京は、もう、みんないそがしくて、電車の線路が日に日に四方に延びて行って、まあ、あれがいまの東京の Symbol でしょう、ガタガタたいへん騒がしくて、それに、戦争の講和条件が気にいらないと言って、東京市民は殺気立って諸方で悲憤の演説会を開いて、ひどく不穏《ふおん》な形勢で、いまに、帝都に戒厳令が施行せられるだろうとか何とか、そんな噂《うわさ》さえありました。どうも、東京の人の愛国心は無邪気すぎます。」「お国の学生たちに、忠の一元論はどうでしたか、何か反響がありましたか。」 周さんは急に歯痛が起ったみたいに頬をゆがめて、「これもまた、いそがしくて、何が何やら、僕には、もうわからなくなりました。日本人の愛国心は不穏でも何でも、本質が無邪気で明るいけれども、僕のほうの愛国心は複雑で暗くて、いや、そうでもないのかな? とにかく、僕には、わからない事が多い。むずかしいのです。なんにも、わからない。」と冷たく微笑して、「しかし、日本の青年たちは、いまずいぶん世界の文学を研究していますね。本屋へ行ってみて、驚きました。各国の文学の書物が、どっさり入荷していて、日本の若い人たちは、熱心にあれこれ選んで買っています。何か、生命の充実、とでもいうようなものに努めているのでしょうかね。僕も真似《まね》して、少しそんな書物を買って持って来ました。負けずにこれから研究してみるつもりです。僕の競争相手は、あんな東京の若い人たちです。あの人たちは何か新しい世界に erwachen しているようです。まあ、東京に就《つ》いての御報告は、そんなものです。」 そうして、授業がすむと、さっさと自分の下宿に帰って行き、以前のように私の下宿に遊びに来る事もほとんど無くなった。木枯しの強い夜、めずらしく、れいの津田氏が、へんな顔をして私の下宿にやって来て、「おい、いやな事件が起ったよ。」と言い、ポケットから一通の手紙を出して私に見せた。宛名《あてな》は、周樹人殿、としてある。差出人は、直言山人、となっている。下手《へた》な匿名《とくめい》だなあ、といささか呆《あき》れ、顔をしかめて手紙の内容を読んでみた。内容の文章は、さらにもっと下手くそであった。字も、いやに肩を怒らした野卑な書体で、どうにも、くさいにおいが発するくらいに、きたならしい手紙であった。まず、 汝《なんじ》悔い改めよ!

— posted by id at 06:52 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.1666 sec.

http://churchofmondaynightfootball.com/